英語は子供のうちから学んでおこう【楽しく英語に触れる経験を積む】

メニュー

外国語で教育を

授業

利用する利点

英語教育の重要性が高まる昨今では、より早い時期からの英語教育が必要と考える親も増えてきています。そんな中、英語授業を取り入れたりすべて英語で話していたりする幼稚園や保育園を選ぼうとする親も増えてきています。英語を取り入れている幼稚園といってもその性質はピンキリです。外国籍の子供を中心に受け入れており、完全に英語で生活する幼稚園もあれば、基本は日本人の子供と講師で、普通の授業を行うだけの幼稚園もあります。名門と呼ばれる難関もあれば、新しい形のところやごく小規模なところなど様々で、バックボーンとなる国や文化も千差万別です。なんとなくで選ぶのではなく、子供に何を身に着けさせたいのかを考えて選ぶのが重要です。インター系と呼ばれる、外国籍の子供と一緒に生活するタイプでは、語学もそうですが他国の文化を学ぶこともできます。ただバックボーンとなる国が違うと重点を置く指導も異なるので、日本の礼儀やマナーから外れた指導をする可能性もあります。そうなると小学校に入学してから苦労することもありえます。日本人が経営するところならばそうしたずれは少ないですが、その分異文化交流や語学教育の効果については少なくなってしまいます。また目的だけでなく、子供自身が楽しく通えるかも非常に重要です。親がいいと思っても、子供に拒否反応が出ては意味がありません。見学や体験入学などを通じて、子供との相性をみることも非常に重要です。